箱なしでも買取している業者はある!私がカメラを売る業者を選ぶ時に気をつけている事

カメラ1

私はカメラが趣味で、普段から色々な写真を撮っています。カメラ好きな方なら分かると思いますが、新製品が出るとついつい買いたくなってしまうんですよね。しかし、カメラは結構高いのでどんどん新しいものを買うのは大変です。

そこで、私は古いカメラを売ってそのお金で新しいカメラを買うようにしています。私が普段どういった所を見て、買取業者を選んでいるのか少し紹介しましょう。

それほど価値のないカメラはリサイクルショップがおすすめ!

カメラを買取してくれる業者って色々ありますよね。

カメラを専門に取り扱っているお店から、色々な商品の買取をしているリサイクルショップなど様々です。私は色々な業者を使い分けるようにしています。リサイクルショップは、それほど価値のないカメラを売る時によく利用しています。

なぜかというと、リサイクルショップは商品の状態が悪くても、問題なく買取してくれる場合が多いからです。専門店だと状態が悪いと買取してくれない所も多いんですよね。その点リサイクルショップなら、高確率で買い取りしてくれるので助かります。

特に付属品が揃っていない商品は、リサイクルショップで売るとよいかもしれません。リサイクルショップなら、箱なしの状態でも問題なく買い取ってくれます。もちろん、付属品が揃っていないとその分買取額も安くなってしまいますが、少しでもお金になれば文句はありません。

かなり古いカメラで状態がよくないもの、付属品が全くなく本体だけのもの、元々それほど高くないカメラなどは、リサイクルショップで売っても大丈夫だと思います。

高価なカメラは専門店で売ろう!

価値の高い高価なカメラは、リサイクルショップではなく専門店で売るようにしています。なぜかというと、専門店のほうがカメラの価値をしっかりと分かっているので、高く買取してもらいやすいからです。カメラの買取になれていない業者だと、カメラの価値を分かっていないことが多いんですよね。

希少価値の高いカメラなのに、古いというだけで全く価格がつかないということもありました。カメラを売ろうとしている人の中には、それほどカメラに詳しくないという方もいるでしょう。そういった方が何となくでリサイクルショップなどに売ると、本来の価値よりも安い値段で売ってしまう可能性があります。

心配なら、一度カメラ専門店に査定を依頼してみて、どの程度の価格がつくか確かめたほうがよいかもしれません。

少しでも高く売りたいなら色々な業者に査定を依頼しよう!

面倒な時はいつも買取をお願いしている業者に売ってしまいますが、少しでも高く売りたい時は面倒でも色々な業者に査定を依頼するようにしています。カメラの買取額は業者によって大きく変わることが多いです。ある程度相場があるのですが、業者によっては相場よりも数万円高く売れることもあるんですよね。

なぜかというと、業者によって力を入れている商品が変わるからです。特に家電や本、雑貨など色々な商品の買取をしている業者は、カメラの買取に力を入れておらず安い査定額がつくことがあります。やっぱりカメラの買取に力を入れている業者のほうが、高く売れる場合が多いですね。

また、カメラの買取を専門にしている業者でも、業者によって力を入れているメーカーが変わります。それを見極めるためにも、色々な業者に査定を依頼して、買取額を比較することが大切というわけです。一つ一つの業者に査定をお願いするのは面倒ですが、高く売るためには必要な努力です。

その努力を惜しんだせいで、数万円損してしまったこともあります。比較するほど買取業者が身近にないという方も安心してください。最近は出張買取や宅配買取を行っている業者も多いです。こういった業者は、店舗が近くになくてもカメラを売れるので、ぜひ利用してみてください。

全国対応している業者を利用すれば、選択肢の幅も広がるので高く売れる可能性が高くなります。

付属品は捨てずにとっておこう!

箱なしでも買取してくれる業者はありますが、当然箱も一緒に売ったほうが買取額は高くなります。付属品のあるなしで、結構買取額は変わるんですよね。私も昔はカメラを買うと、箱や説明書などは保管せずに捨てていました。

しかし、カメラを売るようになってからは、付属品は全て取っておくようにしています。しっかり保管しておけば、売る時に数千円は査定額が高くなるので、取っておかないと勿体無いです。

手数料がかからない業者を選ぼう!

私が買取業者を選ぶ時に注目しているのが手数料です。業者によって、買取してもらう時にかかる手数料が変わります。中には査定料やキャンセル料、出張料をとる業者もあります。そういった業者に依頼すると、余計な費用がかかってしまうので、高く売れても手元に残るお金が少なくなるんですよね。

もちろん手数料を払っても高く売れる業者を選んだほうがよい場合もありますが、基本的にはやっぱり手数料がかからない業者を選んだほうがお得です。特に出張買取を利用する場合は、出張料やキャンセル料がかかるかどうかを事前にチェックしてください。

出張料やキャンセル料がかかる業者だと、査定を依頼した時点で費用がかかってしまいます。例えばカメラを売ろうと思ってとりあえず査定をしてもらいに自宅まで来てもらったとします。もし査定額に納得できなければ売らずにキャンセルすることになりますが、出張料やキャンセル料が発生する業者の場合、売らなかったとしても料金を支払わなければなりません。

これは無駄ですよね。逆に出張料やキャンセル料が無料の業者なら、気軽に査定の依頼ができます。色々な業者に査定をしてもらって比較したほうがよいので、キャンセル料や出張料がかからない業者を選んだほうがよいでしょう。

綺麗にしてから査定に出す!

少しでもカメラを高く売りたいなら、査定に出す前にクリーニングしておくとよいです。査定額は商品の状態によってかなり上下します。同じ型番のカメラでも、ホコリまみれのものより、綺麗なピカピカのカメラのほうが高い査定額がつくでしょう。

レンズを綺麗に磨いたり、本体を拭いておくだけでも、鑑定士の印象はかなりよくなります。ちょっとしたクリーニングなら、自分でも簡単にできるのでやっておいて損はありません。綺麗にしたほうが高く売れるからといって、わざわざ業者に依頼してまでクリーニングする必要はないでしょう。

そこまでしても、クリーニング料の元が取れるほど査定額がアップするとは限りません。

関連リンク『カメラ高く売れるドットコム』 … https://www.camera-takakuureru.com/